スポンサーサイト

  • 2007.05.23 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ロシアンブルー
<< 山田優動画 | main | ガボール >>

ロシアンブルー

この間、キャットショーに行きました。

そこでは初めて生ロシアンブルーを見ました。

ロシアンブルーって思っていたより顔の堀が深くって、
マジかっこいい。。。。
何か図鑑とかで見るロシアンブルーと全然イメージが違うんですよねー!!!

図鑑で見るロシアンブルーはもっと普通と言うか、堀が深いとか全然わかりません
よねーーーー>>>(^^)

僕、実は、ロシアンブルーってあんまり好きじゃなかったのですが、
キャットショーにいってみて、ロシアンブルーの良さが解りました☆

ロシアンブルーってカッコよくって好きだなーって・・・♪♪

猫好きの自分としては色々な猫を飼ってみたいので、次はロシアンブルーかなぁーーー。

最近、ペットショップに行ってもロシアンブルーに目がいくようになりました★

ふれあいコーナーとか。。。かぁーーー・・・たまらん!!!!

やっぱ、ロシアンブルーが飼いたいは。。。。
ロシアンブルーが家にいたら楽しいだろうなー★

あんまり、家の作りとロシアンブルーとのバランスがよくないけど・・・

でも、ロシアンブルーが飼いたい。。。
2007年はロシアンブルーの為にお金を稼ぐ!!!

と、ロシアンブルーの誓いを密かにブログで立てるのであった。。。完
  






ロシアンブルー (Russian Blue) は猫の品種の一つ。


【歴史】
ロシアンブルーの起源については諸説あるが、ロシアが原産の自然発生種であると言われている。以前の別名にアルハンゲルキャット(英語でアークエンジェルキャット)があり、これはロシアのアルハンゲル島を起源とする説、或いはロシアの港アルハンゲリスクからイギリスや北欧につれてこられたという説に基づく呼び名である。他の別名としてフォーリンブルー、スパニッシュキャット、マルティーズキャットがあり、20世紀初頭までアメリカではマルティーズキャットとして知られていた。1875年にイギリスのクリスタル・パレスで行われたキャットショーの際にはアークエンジェルキャットとして出場している。

ロシアンブルーは18世紀中頃にイギリスや北欧に伝えられ人気を得たが、第二次世界大戦中に数が減り、絶滅の危機に陥った。そこでイギリス、アメリカ等においてブリティッシュ・ブルーとシャムネコの交配により回復が図られ、かつてのロシアンブルーの姿を取り戻すことができた。このため現在のロシアンブルーの原産地はロシアではなくイギリスとされることもある。


【特徴】
短毛種であり、毛の色はブルー(猫の場合、グレーの被毛を指す)によるソリッド・カラー。また尻尾にゴースト・タビーが見られることもある。 アイカラーはグリーン、目の形はラウンド型、体形はフォーリン・タイプである。 近年、ブラック、ホワイトなどのブルー以外の色、ネベロング(長毛のロシアンブルー)と呼ばれる猫種が登場してきているが、ロシアンブルーという猫種としては認可されていない。

以下の特徴については現在スタンダードとして認められているロシアンブルーについて記す。

【被毛】
ダブルコートと呼ばれる、アンダーコートとトップコートによる二重の分厚い毛皮を持っている。毛質は非常に細く、絹糸のようになめらかである。特にアンダーコートは密生しており、シャンプーの際に地肌を濡らすことができないほどであり、寒さに強い。毛色はグレーであるが、1本の毛がティッピングとよばれる数色の色の帯を持つ為、光の加減によって銀色に輝く。被毛が淡いものの方がスタンダードに近いとされる。

鮮やかなエメラルドグリーンの目を持つが、子猫の時にはこの色は見られずぼんやりとした青色(キツンブルー)をしている。個体によっては、独特の目色が見られるようになるまで、2歳くらいまでかかる場合もある。
体形など
フォーリン・タイプと呼ばれる、ほっそりとした優美な体つきと、楔形の頭を持つ。筋肉は発達している。他のフォーリン・タイプの猫に比べてずんぐりとした印象を受けることがあるが、それは被毛の厚さの為である。手足は長く、足先は小さいため爪先立ちで歩いているように見える。肉球はグレーがかったピンク。尾は長く、先細りである。耳は基部が大きく頭の両側に向かって突き出し、耳介は薄い。横顔は扁平で、鼻筋が真っ直ぐに通り、コブラヘッドと呼ばれることもある。口角が僅かに上がっており、微笑んでいるように見える様子を「ロシアンスマイル」と呼ぶ。
性格など
しばしばロシアンブルーは「犬のような」性格の猫だと言われる。これは、一般的に気ままで忠誠心が薄いと認識されがちな猫の中でも、主人に忠実な性格を持つことによる。ロシアンブルーは飼い主と認めた相手には献身的な愛情を持つが、人見知りが激しくシャイで神経質な面があるため、見知らぬ人間には警戒心を示し、慣れるのに時間がかかる場合がある。以前この猫によく見られた必要以上に神経質な性質は、ブリーダーの努力により、近年では改善が見られる。またボイスレスキャットと呼ばれるほど鳴き声を上げることが少なく、性質もおとなしいが、ほっそりした短毛種であるため、運動量は多く遊び好きである。体臭や口臭も殆どなく、毛並み等のケアにもさほど手がかからない為、飼いやすい猫種のうちの一つと言える。性格や健康状態の安定した猫を手に入れるには、良い環境で人間の手が十分にかけられているものを選び、またロシアンブルーに限らずどの猫種でも3ヶ月齢以上親猫と過ごすことが望ましい。日本での人気は高く、爆発的なブームを迎えたことこそないが人気ランキングでは常に上位にいるといってよい。

飼っている(いた)著名人
ニコライ2世(ロマノフ朝ロシア帝国皇帝):ヴァシュカ
フジ子・ヘミング
藤原紀香(女優):アイシャ
青山剛昌・高山みなみ(漫画家・声優):カイト
かつみ・さゆり:シンバ(後ろ足で自分の耳の後ろが掻けないほどの肥満体。以前TV番組「どうぶつ奇想天外!」でダイエット企画が放送されたこともある。ちなみに当時の体重は8.6kg)
大空祐飛(宝塚歌劇団月組男役):ハウル
久保田智子(TBSアナウンサー):自身出演のTV番組「どうぶつ奇想天外!」の企画で愛猫オーディションを実施し、数々の候補の中からロシアンブルーをチョイス。
美月(みつき、歌手):来夢(らむ)(雌)、2006年3月8日東京中日新聞夕刊の「ハローペット」には美月・来夢の記事が掲載された。
田才千恵(ファッションモデル):ルルド(雄)


ウィキペディア引用

スポンサーサイト

スポンサーサイト

  • 2007.05.23 Wednesday
  • -
  • 12:51
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク